住宅ローン

現在の住宅ローンの役割

マイホームの購入において住宅ローンの利用率はかなり高いと思います。

 

当サイトでは、住宅ローンの審査や金利についてわかりやすく解説していますので、
はじめてローンを組むことを検討している方は是非参考にしてください!

住宅リフォームに対する税制優遇措置は平成21年から始まったものです。景気対策および環境対策の一環としてスタートしたものですが、その中でも種類があり自己投資型のものとローン型によるものの2種類があります。

 

ローン型のものは、従来の新築購入のための住宅ローン減税の適用範囲が広がったもので償還期間が10年以上で100万円以上の借り入れを行った場合に適用されます。また適用金額は、その年によって異なりますが、平成26年から平成29年までは4000万円までが対象になります。これらは大規模な改修工事を行うさいに有利です。

 

一方で、住宅の小規模な改修工事の場合は、今までは自己投資によって行われてきましたが税制優遇はありませんでした。しかし平成21年から税制優遇措置が開始され、高齢者向けのバリアフリー化や、エネルギー政策による省エネルギー化、また地震に対する耐震化などを対象とした所得税の控除や固定資産税の減税を受けることができるようになっています。もちろんローンを組んで改修工事を行った場合にも、同様に税制優遇を受けることができます。またこれらの住宅のリフォームの場合、特にバリアフリー化や省エネルギー化には、自治体による補助金を受けられる場合もあります。

 

住宅リフォームのうち省エネルギー化の場合は部屋の窓や壁、床、天井などを断熱工事や太陽光発電や高効率空調機や高効率給湯器などに設備を設置または交換などがその対象となり、耐震化工事では、また昭和56年5月31日以前に建てられた建物を対象に、国土交通省が定める耐震化工事を行った場合に対象となります。

 

バリアフリー化は要件が厳しいものの、要介護または要支援や障害者認定、高齢者などが居住している場合には対象となるものです。特にバリアフリー化工事は、その対象が幅広く床をフラットにしたり手すりを設置したりする以外にも、浴室やトイレのリフォームもその対象となります

 

これらの税制優遇では、ローン型と投資型で異なりますが、ローン型の方が最大の控除額の上限が高く設定されていますが、トータルでは、おおむね工事費用に対して10%控除が基本となっています。またこれらの税制優遇を受けるためには、それに対応した業者を選ぶ必要があります。特に補助金を受ける場合には、認定された業者でなければ受けられない場合もあります。またこれらの手続きは自身でも必要な書類が用意できていれば行うことができます。

続きを読む≫ 2015/07/05 22:35:05

マイホームを購入する際に、現金一括で購入出来る人はほとんどいませんから、多くの人が住宅ローンを利用することになります。
そして、忘れてはならないのがその年の確定申告です。
住宅ローンを利用しますと、住宅ローン控除というものを受けることができます。

続きを読む≫ 2015/06/20 00:45:20

住宅の購入を検討したときには、金融機関から借り入れを行って住宅ローンを組む人がほとんどであると言えるでしょう。

 

住宅ローンを利用して住宅の購入を行ったときには、一定の期間において住宅ローンの残高の一定の割合を、所得税から控除してくれるという住宅ローン控除というものがあります。

 

住宅ローン控除とは住宅ローン減税という言い方がされることもあり、正式名称は住宅借入金等特別控除というものです。
住宅ローン控除は最高の場合には500万円まで適用されるものですが、所得税から控除されるシステムとなっていますので直接的に貰えるお金ではありません。
控除されるだけのものですので、所得税の金額を超えることはありません。

 

住宅ローン控除の仕組みは、居住を始めた年の制度が適用されるものとなっており、居住開始した年によって適用される住宅ローンの控除年数や控除率などが異なります。

 

一般住宅の場合には平成21年度の借り入れ金等の年末残高の限度額は5000万円となっていますし、平成22年の場合には4000万円、平成23年の場合には3000万円となっています。

 

これらの定められている住宅ローンが適用される金額に、年末の住宅ローン残高が適用されていれば住宅ローン控除の対象になります。
住宅ローン残高が5000万円のケースであれば1%に当たる50万円分が控除の対象となりますし、4000万円であれば40万円分が控除の対象となりますが、全ての金額が控除されるというわけではなく、本来支払うはずであった所得税額からの控除となりますので、所得税額が少なければ全額が控除されるわけではないことになります。

 

住宅ローン控除が適用されるためには、一定の要件を満たしておく必要があります。
新築の日から6か月以内に居住をして、適用される年の12月31日まで引き続いて居住しておく必要があります。

 

住宅ローン特別共助を受ける年分の合計の所得の金額が3000万円以下である人で、ローンの返済期間が10年以上ある必要があります。
新築または購入した住宅の床面積が50平方メートル以上で、床面積の2分の1以上が自分の居住用である人が適用されます。

 

中古住宅を購入する際の住宅ローンの場合には、マンション等の耐火建築物のときには取得する日の25年以内に建築されたものである必要があり、耐火建築物以外の建物のときには取得する日よりも20年以内に建設された建物の場合に控除が適用されます。

 

住宅の床面積については、登記簿上に記載されている面積が適用され、登記簿に記載されている面積と販売の段階に記載されている面積が異なるケースもありますので注意が必要になると言えます。

続きを読む≫ 2015/06/04 14:43:04

住宅セーフティネットというのは、経済的な理由から生活的危機に陥ったとしても、最低限の安全を保障する社会的な制度や対策の一環として、住宅に困窮する世帯に住宅施策を施す制度のことを指します。

 

低所得者や災害被災者DV被害者などに安全で良質な住まいを提供することを中心として、特に災害対応等緊急時の対応や所得が極めて低い者への対応などに力を入れているといった特徴があると認識しておいていいでしょう。

 

この住宅セーフティネットにはローンも関係しており、住宅ローンが否認されて予定通りに購入資金が工面できなくなった際に利用できるローン特約がセーフティネットには含まれています。

 

クーリングオフと違い今後ともローンを支払い続ける場合であっても活用できると言えるのです。

 

しかし注意点として提携ローンのみがローン特約の対象となり、非提携ローンは対象外といった問題もはらんでいるため気をつけるべきであると言えます。
ローン特約は契約当事者同士の特別な約束に過ぎないため、売り主と提携金融機関が事前に取り決めた住宅ローン、つまり提携ローン以外にまでローン特約を付けたがらない売り主側の意向が強く反映されているといった傾向があります。

 

契約書にローン特約がどのように記載されているか、事前にしっかりと確認しておきセーフティネットの対象となるか否かを予め認識しておくことを怠らないようにしてください。

 

そして住宅セーフティネットは一般的な消費者金融業者で利用できるカードローンなどとはあまり関係ないと言えます。
あくまでも住宅関係のローンとのみ関わりがあり、自動車ローンなどに適応されることはないと考えておいてください。

 

国が主導的に行っている整備推進事業は、既存の民間賃貸住宅の質の向上を図ると共に空家を有効に活用することも目的とされています。
完全に空き家と化している建物や土地を余らせるのではなく、住宅確保要配慮者の居住として利用できるよう対策を講じ、災害等には機動的な公的利用を可能とする環境を構築することも可能としています。

 

自身にとって今はあまり関係のない制度だという認識を持っている方も、災害時などには世話になる可能性が高い制度であるといった認識のもとで、知識として保有しておくべきだと言えるでしょう。

 

また本当に生活に困窮してしまった際にも、財産の有無にかかわらず支援が受けられる可能性があるため、必要とあらば最寄の役所に問い合わせてみるといいでしょう。

続きを読む≫ 2015/05/23 00:59:23

住宅手当とは企業で勤務していれば必ずついてくる待遇というわけではなく、会社それぞれの規定に添った形で支給がされるものであります。

 

お仕事選びの際には月給がいくらなのか、ボーナスはあるのかなどが注目する部分にはなりますが、こういった住宅手当も年間で考えれば数十万円になることもありえるので、軽視できない事柄になります。

続きを読む≫ 2015/04/05 23:27:05

住宅ローンは、一般的には数千万円と言った高額のお金を借り、10年以上の年月をかけて返済していくものですから、金利の影響を強く受けるローンです。

 

何故ならば、高額のお金を借りると言うことは、それに伴う利息も高くなることを意味しますし、長い期間をかけて返済するため、完済するまでの間ずっと利息を払い続けなければならないからです。

続きを読む≫ 2015/03/20 23:36:20

住宅の購入を検討するときには、住宅ローンを利用して購入する人が大半であると言って良いでしょう。

 

住宅ローンを組む場合には、その他のローンのときと同じように審査を受けることになります。

 

会社にきちんと勤務していて一定の収入を得ている人であれば融資を受けることは可能であると考えられますが、
借り入れにはそれぞれの金融機関ごとに要件が設定されていますので、
借り入れる前に自分が要件を満たしているか確認しておく必要があるでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/03/03 14:32:03

夢のマイホームを購入する際に、ほとんどの方が利用するのが住宅ローンですよね。

 

バブル時期にはローン金利も大きく跳ね上がり、一時期は変動で8%を超えるような時代もありました。
しかし、バブル経済が終息を迎え、地価は大きくその価値を下げ、日本はその後景気が大きく上向くことなく現在に至ります。

 

続きを読む≫ 2015/03/03 14:19:03