住宅ローン

現在の住宅ローンの役割

マイホームの購入において住宅ローンの利用率はかなり高いと思います。

 

当サイトでは、住宅ローンの審査や金利についてわかりやすく解説していますので、
はじめてローンを組むことを検討している方は是非参考にしてください!

住宅セーフティネットというのは、経済的な理由から生活的危機に陥ったとしても、最低限の安全を保障する社会的な制度や対策の一環として、住宅に困窮する世帯に住宅施策を施す制度のことを指します。

 

低所得者や災害被災者DV被害者などに安全で良質な住まいを提供することを中心として、特に災害対応等緊急時の対応や所得が極めて低い者への対応などに力を入れているといった特徴があると認識しておいていいでしょう。

 

この住宅セーフティネットにはローンも関係しており、住宅ローンが否認されて予定通りに購入資金が工面できなくなった際に利用できるローン特約がセーフティネットには含まれています。

 

クーリングオフと違い今後ともローンを支払い続ける場合であっても活用できると言えるのです。

 

しかし注意点として提携ローンのみがローン特約の対象となり、非提携ローンは対象外といった問題もはらんでいるため気をつけるべきであると言えます。
ローン特約は契約当事者同士の特別な約束に過ぎないため、売り主と提携金融機関が事前に取り決めた住宅ローン、つまり提携ローン以外にまでローン特約を付けたがらない売り主側の意向が強く反映されているといった傾向があります。

 

契約書にローン特約がどのように記載されているか、事前にしっかりと確認しておきセーフティネットの対象となるか否かを予め認識しておくことを怠らないようにしてください。

 

そして住宅セーフティネットは一般的な消費者金融業者で利用できるカードローンなどとはあまり関係ないと言えます。
あくまでも住宅関係のローンとのみ関わりがあり、自動車ローンなどに適応されることはないと考えておいてください。

 

国が主導的に行っている整備推進事業は、既存の民間賃貸住宅の質の向上を図ると共に空家を有効に活用することも目的とされています。
完全に空き家と化している建物や土地を余らせるのではなく、住宅確保要配慮者の居住として利用できるよう対策を講じ、災害等には機動的な公的利用を可能とする環境を構築することも可能としています。

 

自身にとって今はあまり関係のない制度だという認識を持っている方も、災害時などには世話になる可能性が高い制度であるといった認識のもとで、知識として保有しておくべきだと言えるでしょう。

 

また本当に生活に困窮してしまった際にも、財産の有無にかかわらず支援が受けられる可能性があるため、必要とあらば最寄の役所に問い合わせてみるといいでしょう。

続きを読む≫ 2015/05/23 00:59:23

住宅手当とは企業で勤務していれば必ずついてくる待遇というわけではなく、会社それぞれの規定に添った形で支給がされるものであります。

 

お仕事選びの際には月給がいくらなのか、ボーナスはあるのかなどが注目する部分にはなりますが、こういった住宅手当も年間で考えれば数十万円になることもありえるので、軽視できない事柄になります。

続きを読む≫ 2015/04/05 23:27:05

住宅ローンは、一般的には数千万円と言った高額のお金を借り、10年以上の年月をかけて返済していくものですから、金利の影響を強く受けるローンです。

 

何故ならば、高額のお金を借りると言うことは、それに伴う利息も高くなることを意味しますし、長い期間をかけて返済するため、完済するまでの間ずっと利息を払い続けなければならないからです。

続きを読む≫ 2015/03/20 23:36:20

住宅の購入を検討するときには、住宅ローンを利用して購入する人が大半であると言って良いでしょう。

 

住宅ローンを組む場合には、その他のローンのときと同じように審査を受けることになります。

 

会社にきちんと勤務していて一定の収入を得ている人であれば融資を受けることは可能であると考えられますが、
借り入れにはそれぞれの金融機関ごとに要件が設定されていますので、
借り入れる前に自分が要件を満たしているか確認しておく必要があるでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/03/03 14:32:03

夢のマイホームを購入する際に、ほとんどの方が利用するのが住宅ローンですよね。

 

バブル時期にはローン金利も大きく跳ね上がり、一時期は変動で8%を超えるような時代もありました。
しかし、バブル経済が終息を迎え、地価は大きくその価値を下げ、日本はその後景気が大きく上向くことなく現在に至ります。

 

続きを読む≫ 2015/03/03 14:19:03